夫婦やカップル向けの場合

>

夏にしか見られない景色を見る

この記事をシェアする

バリアフリーや要望に応じたメニューがある

妊婦さんにとって少しの段差もお腹の赤ちゃんにとっては命取りになってしまう場合もあります。
近年では、温泉宿も妊婦さんや赤ちゃん歓迎の看板を掲げたりして多く呼び込んで様々なサービスを提供しています。
全室を禁煙にしていたり、ケガをしないようにバリアフリー化になっています。

妊婦さんによって体に様々な症状が出る事があるので、体が辛くなった時の対応策としてクッションや抱き枕を用意したり、お香やパジャマも必要ならば提供するようにしています。
他にも、出される料理も妊婦さんによっては食べられなかったり、ある特定の物しか食べられない状態にあった時にもすぐに対応出来るように、事前に好みの食材や嫌いな食材を聞いてそれを元にメニューを組んで作るようにしています。

離乳食や赤ちゃん用品も多数用意している所

乳幼児の場合は、食事はほとんど必要ないのですが、月齢が上がると赤ちゃんと言えども薄めの味付けがされている離乳食を食べ始めます。
その為、赤ちゃん連れの場合だと温泉宿の方から泊まる前に離乳食は必要なのか、アレルギーはあるのかを確認する電話やメールがきます。
しかも、丁寧な内容で細かく聞く事が多いそうです。

特に、夏は暑い事もあり食欲が落ちてしまう事も多いですし、事前に料理を注文しないで持参をしていくと、食材が高温多湿で腐ってしまう場合もあり、それを知らずに食べてしまうと食中毒を起こしてしまうのです。
なので、それを防ぐ為にも細かく聞くようにしているのです。
それから、オムツやおしりふきやベビーベットやお風呂セットも用意して荷物を少なくして来れるように多数を用意しています。


トップへもどる